物理が化学に支配された世界の医療の話

※当記事は自分の医療の知識をもとに考察して書いています。専門的な知識を有さないので誤りがある可能性があります。もしその場合は指摘していただければ訂正をします。


このコロナウイルス蔓延防止に重きが置かれた現状で、いったい国という集合生命体は何を目指しているのだろうか、と疑問が尽きない。飲食店でバイトをしている関係上、蔓延防止策により給料が半分くらいになるので、どうしても鬱陶しく感じる。多くの人の幸福につながるというのなら我慢してもいいが、はっきり言って形ばかりの蔓防も、はっきり言ってマスクすらも茶番なのではないかと思うことがある。それでも猪のように止まることなく感染者の増減だけを見て行動する集団には、果たして何の利益があるのだろうかと考えたとき、それは、物理が化学に支配された現代の医療がもたらした集団心理なのではないかという結論に至っている。


なんていっても、あまりに説明不足なので、まず、ウイルスのトロピズムの話あたりからしないといけない。

ウイルスのトロピズム


ウイルスにはトロピズム(Tropism)というものがある。これは何かといえば、ウイルスの種類によって増殖可能な細胞の種類が決まっていることを示す。


まず基本情報だが、ウイルスとは生物ではない。DNAと外殻を基本構造とするだけのものであり、その外殻の物質が、生物のとある表皮細胞と親和することでその細胞の中に取り込まれ、ウイルスはその細胞のDNAの複製機能に乗じるように自身のDNAも複製してもらい、それで数を増やしたのちに細胞から放出されることで体内で数を増やす。飛沫などに乗ったウイルスは別個体でもこの増殖を繰り返す。増殖を検知するのがBやTなどの免疫細胞であり、その処理に発熱を伴うので人間は熱が出る。


と、このように、ウイルスは自身のみの力でその増殖を行えないので、どうしても宿主の力を借りないといけないわけだが、ウイルスは全細胞に対応できるわけではない。ウイルスの外殻物質が、喉の表皮細胞と特に親和性が高いとか、人間よりも鳥の方が親和性が高いとか、ウイルスごとにそういう性質を持つ。前者を器官のトロピズム、後者を種のトロピズム(鳥インフルエンザなんかが良い例)と呼んだりする。


さて、このコロナウイルスを考えたときにそのトロピズムはどこに位置するのだろうか。また、そういうことまで考えて行動している人間はどれくらいいるのだろうか。


現在流行っているのはオミクロン株だが、オミクロン株のトロピズムは喉である。喉の表皮細胞のAce2と親和することで体内に取り込まれる(出典例⇒オミクロン株はノド粘膜 正しい感染予防対策 -フジコンプラス)。


このオミクロン株は、従来の血管壁の受容体から侵入するアルファ株などとは異なる。ウイルスは変異を繰り返したうえでトロピズムを変えることがあるが、コロナウイルスにおいてもそれがはっきりと起こっているはずである。

感染者数はウイルスの危険度と関係がない


ではここで、どちらの方が危険だろうかということを考える。血管壁から体に侵入し、体の奥底で増殖するウイルスと、喉のような浅い場所で増殖してすぐに飛沫とともに出て行くウイルス。体の奥底まで行くのだから、前者の方が感染スピードは遅いだろう。


ここで直感的に、前者の方が危険そうだというのは分かるのではないか。それを今までの日本人は、「昨日に比べて感染者がそこまで増えてないから安心」みたいなことを本気で言っているのである。しかし実は、その逆ということがあり得る。感染スピードが速いほど、浅い場所で増えてとっとと拡散されてみな免疫をつけていくので集団免疫も獲得しやすい。しかし昨今の報道を見れば「先週火曜日に比べ何割増」「前回の第三波に並ぶ感染者」みたいなことをいかにも国民を煽るように言っているばかりで、では検査数に比べどれだけの感染者なのかとか、先ほど話したようなウイルストロピズムの推移はどうなのかとか、そんな肝心な情報はなかなか出回ってこない。


そもそもウイルスとは、その危険度が高いほど、宿主を殺すとともにそのウイルス自体も別個体への繁殖機能を失うのだから、狂牛病が良い例であるように、致死率の高いウイルスほど感染力は弱い。実際、オミクロン株で肺炎を引き起こした例を聞いたことがない。肺にまで到達せずにとっとと出て行ってくれるウイルスになったと聞いて僕はかなり安心した。みんなだって、5000円を入れて50本のジュースが出てくる自販機より、100円で1本のジュースが出てくる自販機を選ぶでしょ。手軽に拡散できる方が繁栄するのは当たり前だし、宿主を生かしたまま手軽に増殖できるところにウイルスってのは集まるものだ。例が下手すぎて泣ける。でもまだ変わらず感染者数だけを気にした蔓防を続ける政府。

政府は分かっている


ここまでのこと、恐らく、政府は分かっているのではないかと思う。優秀な経歴を持つ官僚たちばかりが集まる場所で、そんな知識を持っている人が誰もいないなんてことはあり得ない。それでも、なかなかに無意味な蔓防を繰り返すのはなぜなのだろうか。


僕は、ワクチンの在庫処理ではないかと睨んでいる。


ワクチン、相当の数を裁かないとやばいんじゃないかな。だから、「感染者数が増えた! 防ぐにはワクチンよ!」と言っただけで「わあ危険! 打たなきゃ!」とほいほいRNA投与をする何も考えない国民をカモにするのが目的なのじゃないかと考えている。陰謀論といわれるかもしれないが、むしろほかに理由が見つからない。


外国から見て、日本ほど洗脳しやすい国は無いのではないかと思う。集団心理で「わあやばい!」となってくれる国。感染者数だけ報道していれば見る見るうちに危険意識が膨大に膨れ上がってくれる国。そりゃワクチンを日本に売りたくもなる。


実際アベノマスクもそうだった。アベノマスクは東京近郊の倉庫で8000万枚が眠っていて、それを配ることで10億円がかかっている。しかしあんなもの、ほとんどの人が望んでいなかった。もしもその8000万枚のマスクを焼却処分するのであれば6000万で済んだという試算が出ている。誰も求めていなくても、作ったマスクは配らないとなんていうよく分からない美意識が十倍以上の税金を無駄にする国なのだから、ワクチン処理のために敢えて煽る感じの報道を行うというのも納得できてしまうのが悲しい。

ワクチン覇権と化学覇権はイコールである


このように、ウイルスの仕組み、国民の願望などの本質を無視して行われる政策は、元をたどれば化学覇権に行きつくのではないかと考えたのは、ある一本の動画を見てのことだった。


www.youtube.com


全ては見ていられないと思うので、だいたい23分くらいからの内容だけ聞いてもらえればありがたい。話されているのは、「元祖、医療とは古典物理だった」という内容の話である。


特に話されている中で面白いのは、昔の町医者はまず患者の大まかな分類から行っていたという話である。つまり、虚弱体質と、代謝のいい体質を分け、そこから治療を考えるというのは誰もがやっていたことなのだという。


代謝がいい人ほど血の巡りが良く、だからこそ心筋梗塞などのリスクが高いものの、このタイプが癌になることはない(西城秀樹が例として挙げられている)。代わりに虚弱体質では、血の巡りが弱く冷え性などの症状を持ちやすく、癌になる人が多いが、こうした人が突然心筋梗塞などの症状を訴えることもないという。この患者のタイプ分けに、重力場などが関係するから出身地や生まれた時間が絡むというのはいささかオカルトチックで話半分で聞いてしまうわけだが、しかし「その人に合った治療」を心がけるという意味で、物理的な法則が重視された医療の時代をあまり知らない自分たちの世代にとってはなかなか斬新な話で面白い。


しかしそうした古典物理医療が一気に化学覇権へと姿を変えたきっかけがロックフェラーだという。石油産業が、化学の方が人々を操れるという事実に気がついてしまったのである。


それ以降、医療の形は変わったと話す。まず患者の状態などをもとに患者の情報を聞き出し何とかその人に合った解決策を見出していた時代から、先に画一的な示準を作り、その値を超えているかどうかで何を処方するかを考える医療に代わった。「メタボ」という名の実体のない肥満基準もそうだし、先述した患者のタイプ分けで癌になるリスクのない人にも不安を煽るかのように癌検診を勧める、というような無意味なことも、化学覇権の資本主義では疑問なく正当化されている。これは人間という物理的な物質よりも化学が重視される時代の価値観であり、いかにしてその人に処方させるかがメインのテーマになる。「本来、医療というのは儲かることを考えてはいけない職業だ」と話されているように、医療で儲けることを考えると、本来は何の問題もない人間にいかに治療を勧めるかという話になってくる。ここで先ほどまでのワクチンの話と一致するのが分かる。ワクチン覇権には、石油革命以降の明らかな時代背景の推移が見え隠れしているのではないかと自分には思えているのだ。

いかにして収束するか


このコロナの収束はいつになるかと思ったとき、それが、ワクチンに人類が飽きたときと考えるのは一つの視点なのかもしれない。化学覇権は、化学を使い切らないと終わらないという考え。ただ先ほども書いたように、日本がカモだと世界に思われているのなら、永遠にワクチンを売り続けられるだろう。観測する限り100波も1000波も来るというのに、その内容に目をつぶる政策で税金が無駄に使われていく現状は、きっと自分が税金をさらに納める身になればなるほど鬱陶しく感じるのだろうな、と思う。


※くどくなりますが、全て素人の個人の見解です。異論は全て真摯に受け止めます。