未来のために、自殺した人を”叩く”べきか

今後の日本において、自死で亡くなる人を減らすために、「自死で亡くなった人は叩くべき」「自死を選ぶのは悪いことと教育すべき」という意見がある。


これはある意味ごもっともで、確かに、「自殺を選んでもいいよ」と思わせるのには問題があるのだろう。しかし、自死で亡くなることを悪としてまったとき、これまで自死で亡くなった人は「悪の道に手を染めた」という解釈になり、それは違うだろうという意見が出てくるはずだ。


恐らくこの論点で話を進めると、我々はこの題に、賛成と反対で大体半々くらいの比率に別れるのではないかと思う。


https://www.youtube.com/watch?v=NYZOTJDWm4E



僕がこれを考えるきっかけとなったのは、この動画を見たことでだった。ひろゆきさんは、はっきりと「自殺は悪」と述べ、「自殺した人間は叩くべき」だと他の動画でも述べている。


僕は、自死に関して自己責任論には問わないという事を決めている。つまり、「自死した人間にも自死以外の選択をすることができたのにそれをしなかった」という考え方を一切破棄するということである。ナイフで心臓まで刺されたらどんなに頑張りたくても生きられないのと同じことが、自死した本人にも起きているというのが自分の見解だ。


しかし、それだけで今後の自死の状況に何か進展が見込めるかと言われれば、それもまた怪しいところである。ひろゆきさんが述べるのは、「自殺すると楽なんだって思わせてしまうことで、今後死ななくて良い人間が死んでしまう可能性がある」ということだ。これはまた、ひろゆきさんなりの優しさが見える発言でもあると感じていて、自分とは全く正反対の意見にしても、自死を今後防ぐにあたり有効となり得る考えであることは認めねばならないような気がする。


まず大前提として、「自死が善いこと」と思う人間はさすがにいるまい。だから「自死は悪ではない」と「自死は悪である」という二つの意見での衝突が起こるわけだが、自分はここに、自死の重要な二つの側面が潜んでいると感じるばかりである。それは、自死が起こった際にそれを呼び起こした「プル要因」と「プッシュ要因」への考察である。



自分は学部で研究する中で、自死に”惹かれる”側面を人々は無視してきたのではないかと思っている。



プル要因とプッシュ要因という言葉は、『新自殺論』という大村先生の著書より引用した。


プル要因とは、引き込まれる、即ち自死に対して惹かれてしまう要因を表す。反対にプッシュ要因とは、追い出される、つまり本人の意思とは反して自死せざるを得ない状況に追い込まれる要因を表す。自死に関して、前者よりも後者の方がイメージしやすい人は多いのではないかと予想する。


例えば、自死ではなく、少年犯罪に置き換えて考えてみる。


少年犯罪のプッシュ要因とは何だろう。例えば、「劣悪な家庭環境により家庭に居場所がなかった」という事実。これはプッシュ要因に認められそうだ。家庭環境は、子供の意思で選ぶことはできない。少年の背景にこのような家庭環境が見られれば、これはまさに犯罪へと追い込まれてしまうプッシュ要因だろう。

では、少年犯罪のプル要因とは何だろう。例えば、「少年犯罪グループにおいて、悪さを重ねることがグループ内での高い地位につながっていた」という事実。これはプル要因として認められないだろうか。犯罪の実行によりボス的な存在の人間に認めてもらう、というような目的に惹かれているのである。もちろん、犯罪は心の底ではしたくないと思っていれば完全な”プル”ではないかもしれないが、自分の居場所を認めてもらえる場として犯罪グループが機能すれば、少年は犯罪グループに引き込まれている、とも言えそうだ。


もしも今、少年犯罪をなくそうと思うなら、この二側面の要因を排除する必要があるはずだ。どちらかが残ってしまうと、少年犯罪の対策として不完全であることは想像に易いはずだ。しかしそれらの対策を試みようとする多くの人々は、前者のプッシュ要因に重きを置くことが多いように感じていて、後者のプル要因は目立たなくなっているような気がしている。


何故かと言うと、プル要因こそが「本人の意思でどうにかなるもの」と思われているからに他ならない。


少年犯罪の例を再び出せば「たとえ犯罪グループでの高い地位などが関係しようとも、犯罪は悪いことだからやめようと自己で判断する能力があっただろ」ということになる。少年犯罪はまだ幼いからこうなることは少ないものの、大人の自死などということになればまさにこうした視点が貼り付いてはいないだろうか。


そしてこのプル要因を抑えるべくして生まれた発言が、ひろゆきさんの「自殺をした人は叩くべき」ではないだろうか。ひろゆきさんは、「自殺は悪であり、自殺した人間に責任がある」と述べているだけで、「自殺した人間の素質に問題がある」とは一言も述べていないのである。亡くなった故人を言及する言葉ではなく、あくまで未来の死者を減らすことを念頭に置く限りでは、「自殺は叩くべき」という考えを一概に否定することも難しいのではなかろうか。


話がどんどんややこしくなりそうなので、以下のようにまとめる次第である。

自死に関するプッシュ要因の排除
Ex)家庭や教室、職場などでの劣悪な環境(いじめや過労など)の改善
⇒そもそもの問題は家庭や教室、職場にあるのだから、”本人は悪くない”という思想のもとに成り立つ改善策である。

自死に関するプル要因の排除
Ex)自死は悪だと伝える、自死した人を叩く
⇒問題は他所にあれども自死を選んだのはあくまで本人の責任であり、”本人が悪い”という思想のもとに成り立つ改善策である。

自分が目指すのは、前者のような形態である。すなわち、自分がこのような記事を書くことなどにより少しでも個人の背景にある社会などの”マクロな視点”に目が行く機会が増えれば、それが自死に対する改善策となるのではないかという思いからである。これも完全な間違いではないと思っている。

しかし、それの欠点は、あまりに時間がかかることである。改善する客体が”社会”なのだから、それは一人がちょっと行動して変わるものではない。国全体の価値観の転換は、2か3世代が変わるくらいの時間がたって初めて起こるものでもある。新しく生まれてきた人間がどのような世界を見るかで価値観というものは形成されてゆくからだ。


対して後者は、あくまで持つのは”ミクロな視点”である。「自死は悪いことなんだ。どんなに辛くても、自分がそれを支える、だから一緒に生きよう」と言うことがまさにそうだろう。自死へのプルを減らすことは、生へのプルを増やすことに他ならないはずだ。

しかし、それの欠点は、一歩間違えれば狂気的な暴言となることである。苦しい人の境遇を救いたいという気もないのに「自殺するな」と言うだけなら、それはほとんど発言者の自己満足だし、「自死で亡くなった故人が悪い」という思想は、誰もが取り扱うにはあまりに危険な考え方だ。少し間違えればそれは故人の吊るし上げに変わらない。



ここまで考えて、一つの難しい結論に辿り着く。それは即ち、自死に関してプルとプッシュの要因を減らすなら、「自死は悪いが悪くない」という考えが必要になってしまうのだ。ただこれは矛盾のように思えて矛盾でもない。


例えば強い風で荷物が倒れたときに、「荷物がもう少し重ければ倒れなかった」と「もう少し風が弱ければ倒れなかった」というような、事実として存在する二つの側面を言っているにすぎないのだ。我々が目指すべきは荷物の補強と防風の施策を練ることであって、そのどちらを行うかは個人が決めればよい。前者がひろゆきさんであり、後者が自分。それだけのことではなかろうか。


始めは「自殺は叩くべき」というひろゆきさんの言葉に大きな違和感を感じたものだ。叩くという表現はあまりに誤解を与えやすいようなものな気はするが、彼が感情でものをいう人間ではないことを知っていたし、自分なりに考察をした結果、このような考えに至った次第である。