『春の丘』について。

はじめまして。


この度は、ブログ『春の丘』にお越しいただき、本当にありがとうございます。


私は、当ブログを運営しております、岡 晴馬(おか はるま)と申します。


特に自慢できるものがないものの、辛うじて勉強だけは少しできた僕は、中高一貫の都内の進学校を卒業し、現在は京都大学に通っていて、総合人間学部というところで心理学を学んでいます。




「軽いトラウマ障害がある可能性がある」




初めて行った心療内科のクリニックでこのように言われたのが、ちょうど大学一年生を終えようとする頃でした。いろいろと考えてしまう性格のわりに答えは出ない、そんな自分はいったいどこを生きているのでしょうか。


今の環境に至るまで、なぜ地方の大学に進んだのかであったり、なぜ工学部に理系として一度入学したものを諦めて総合人間学部に転学部したのか、など、様々な決断がありました。


ここを、このブログを運営しようと思ったきっかけ、今の考えなどを、色々綴る場にしたいと思います。




高3の春



ちょうど進級し、これから最後の一年だねと、期待と受験勉強への不安を同時に抱えていた、その頃の話です。


僕は、クラスの友人を、自死で失いました。


人を失うというのは喪失感がとても大きく、もう何をする気にもなりません。ちょうど一か月後くらいに控えていた運動会も、彼とは一緒に参加はできず、そのあとはただただ受験勉強をこなしました。


結局、人間関係が面倒くさくなり、自分への自己肯定感も消えました。自分は傷つかぬよう、心の中ではいつ嫌われてもいいように準備をしつつ、心の中では卑屈でドロドロしたものを抱えながら、表面上は明るい人間を演じようとしました。


友人が亡くなる前に悩みの種としていたことを、「そんな気にしなくていいでしょ」と一蹴したことがあります。

友人が亡くなったのも知らず、初めて彼が学校を休んだ日には、自分は何も知らぬ顔で彼に「おーい、生きてる?」とLINEをしました。


自分の恥ずべき無知に絶望し、贖罪の念に駆られることとなりましたが、それを周りの人間には悟られてはいけないとも思い、必死に隠しました。



しかし、心のどこかでは、そんな自分から変わることのできるきっかけも探していたのだと思います。



京都大学に進学



無事に、現役で京都大学の合格ももらい、進学をしたのですが、当時は今と違い、工学部の建築学科に入学をしました。


もともと理系能で、あとは、なんか建築士ってかっこよくないですか?(笑)という、それくらいの軽い気持ちです。


普通にそこそこの単位を取り、あとは所属していた部活動でガシガシ運動をし、という生活をしていました。


そしてある日、課題の模型を作るのにも疲れ、適当にいろんな授業に潜っていたら、このセリフに出会ったのです。



本当に価値ある生き方、意味ある生き方、充実した生き方とはなんなのか?自分は何をすべきか、何ができるか、何をやりたいのか?何が正しくて、何が間違っているのか?



心理学系の授業で、確かスライドの一部だったかな、に出てきたセリフです。ただの思春期にありがちな素朴な疑問ですが、でもこういう絶対に答えが出ないようなものに本気で挑んでみるのってありだなって思いました。



こうしたことを本気で考えられるのなら、今までよりも自分に違和感のない生き方ができるだろうか、と思いました。時々自分を否定するような生き方をするくらいなら、どこかで一度しっかり向き合うタイミングが必要なことは、自分でも気づいていました。



これになら、少なくとも製図室で模型を作るよりかは、情熱を注げられると思ったのです。友人を失ってから抱えていたもやもやに、少し近づける気がしました。



多少のリスクはとったとしても、ここで妥協はしてはいけない気がしました。かくして、工学部から総合人間学部へと、転学部をしたのでした。


www.mattsun.work


京都大学で理系を捨てるというのは、やはり愚かな行為みたいです。最終的に後押ししてくれた親ですら、はじめはかなり反対されました。


でも、ふつふつと湧いてきた期待が、確かにありました。ちょっとだけワクワクしました。


きっかけはいつだって些細



転学部のきっかけになったのは、上で述べたように、たまたまその授業に居合わせたからですが、それとおなじで、このブログの始まりは、転学部の記録をメモに書き留めたところでした。SNSで共有するリンクを貼りやすいように、はてなブログ無料版を選んだのです。



その次に記事を書いたのは、それから三か月後でした。記事といっても、周りのみんなに読んでもらうようなことは念頭になく、ただ学校で学んだことと考えたことをちょっとまとめただけです。


それが、こちらです。


www.mattsun.work


この記事をFacebookにも載せたところ、高校の時の学年主任の先生が


「説得力と志を感じました。あなたのこれからの世界の広がりを楽しみにしています。」


とのコメントを送ってくださいました。



涙が出るほどうれしかったのを覚えています。



自分が初めて自分の意志で書いた文章で、人が応援してくれたということ。何よりのエネルギーとなるのはこういうものであり、そして自分に恩返しできることがあるとするのであれば、



僕も自分の力で誰かを応援し返すこと



これよりほかにはないと思いました。この気持ちが、このブログの原点です。


あれからは時間もかなり過ぎ、振り返れば平坦な道ではありませんでしたが、しかしここまで来られたのは周りの支えがあったからであり、それに感謝するとともに、今では自分の生き方に以前よりも誇りが持てるようになりました。


『春の丘』の今後



このブログでは、これを読んでくださっている皆さんを、応援します。


そのうえで今の自分の夢は、


誰かが安心して帰ってこれる場所を作ること



です。高3の僕にそんな視点はありませんでした。ただ経験したこともない事態にあたふたしただけでした。


ただ帰ってきてさえくれればそれでよいのです。そこからはいろいろと話せばいいし、悪口でも言えばいいし、それで喧嘩すればいいし、でも帰らないことには何も始まってくれません。


『おかえり、春の丘』は、そのような願いを込めて命名しました。


『春の丘』はそんな場所になれるでしょうか。今の自分がそんなことを言ったら確実に笑われるでしょう。逆の立場だったら僕はたぶん笑います。「自分に酔ってんの?(笑)」と。


しかし酔わずにこんなこと、やってられません。このブログは、果てしなく未熟な自分の思考録であり、同時に成長の軌跡でもあります。



今後とも、『春の丘』を、よろしくお願いいたします。