勉強が苦手な人ほど、読んでほしいマンガ。

f:id:mattsun0383:20191027181550p:plain

きっと今のご時世、勉強が好きかと聞かれて、「だいすき!」なんて答える人は少ないでしょう。大人になった人たちも、学生の頃の勉強は苦労の記憶として残っているでしょうか。そんな人達にぜひ読んで欲しい、そんな漫画がありますので、ここで紹介したいと思います。。

それが、こちらです。

ドラゴン桜(1) (モーニングコミックス)

ドラゴン桜(1) (モーニングコミックス)



僕は中学生の時にこの漫画を読み、その時はそれはそれは面白いほどに、惹かれました。寝る間も惜しんで読んだ記憶があります笑。そしてこれを読んだことで、僕の勉強に対する意識ははっきりと変わりました。教育マンガなんて読みたくないよ!と思われるかもしれませんが、騙されたと思ってぜひ読んで欲しいです。。ちょっとでも面白そうだなあと思ってくれる人が増えればいいと思い、今回はズバリ、ドラゴン桜の布教記事です。


ドラゴン桜のあらすじ


まずは、ちょこっとあらすじを。

出来れば物語は実際に皆さんに読んで欲しいので、ここでは本当に本当に、ざっくりで書いていこうと思います。



舞台となる龍山高校では、生徒数の著しい減少により、廃校の計画が進んでいました。そんな中、顧問弁護士として雇われたのが桜木健二です。そして彼が学校再建のために掲げた目標が



「最終的には東大合格100人、そのためにまず来年1人東大へ送り込む」



でした。偏差値も高くない、ただのおバカ高校ですから、生徒も教師も誰一人相手にしません。しかしそんな中、2人の生徒が、やってみようと桜木の元を訪ねます。これが水野直美、矢島勇介であり、2人のために作られた特設クラスのもと、1年の東大受験生活が始まるのでした。



一時期『ビリギャル』が流行りましたよね。大逆転劇を狙う、みたいなストーリーはすごい似てます。

有村架純が可愛かったなあヽ(^o^)丿

ただドラゴン桜は、「夢は諦めなければ叶う!」みたいな話ではあまりないのかなぁ、と。どろどろしていて、現実を突きつけられるというか、しかし皆さんにビビっと響くものがあるような、そんな気がします。

ちなみに、ドラゴン桜は過去にドラマ化しています。自分も1ファンとして全て見させてもらいましたが、特設クラスの生徒の数がとても増えていたりと、原作とは少し異なります。

山Pはマジでかっこよかったです(≧∇≦*)



個人的!!ぐっと響いた名ゼリフ3選

ということで、すこしでも魅力を知って頂きたく、桜木健二先生の名言を、僕が影響され感銘を受けたと感じた順に3つ!紹介したいと思います。

※以下注意※

本記事に挿入させていただいている画像は、全てドラゴン桜の原作者である三田紀房さんの、本編画像のSNS投稿を歓迎する意向をもとに、本人のTwitterアカウントより引用して載せさせてもらっています。

また、話が進んでいくうえでのネタバレとなる内容とはならぬように配慮はしておりますが、その全てが保証できるわけではありません。



第3位 勉強しろ



f:id:mattsun0383:20191027181503p:plain:w200


え、「勉強しろ」に普通感動する??



ええ確かに、「勉強しろ」という言葉に感動するなんてよく分からない話ではありますが、しかしここに桜木先生の大事な大事な根本的な主義が隠れているのです。即ちそれは、


できるのだから、やれ


という考え方です。漫画内では、桜木は何度も2人に「いや、お前らは必ず、東大へ行くと言葉をなげかけます。この声掛けは桜木本人が後に「自己願望成就である」と説明するものでもありますが、それのおかげで、「勉強しろ」が強制的な束縛とはならないのです。

例えば、親に「勉強しなさい」と言われたことで、なんかやる気がなくなったな、なんて経験はないでしょうか。この時背景として隠れているのは、


「(あなたは勉強が出来ないんだから/サボってると将来困るのだから)勉強しなさい」


というような意味合いです。子供のためにと思った言葉であろうとも、子供からすると隅に追いやられるような窮屈な気持ちにさせてしまうことが多いです。



それとは違い、


「せっかくやれば出来るのに、諦めてはもったいない、花開くべきあなたの才能がある」


という視点で「勉強しろ」と伝えることは、同じ言葉でも子供からの心情は180度違うものとなるのです。


言葉と心情の相違を子供は思ったより見抜くものだと学ばされたのがこのセリフでした。

詳しくは、こちら↓↓↓

twitter.com





第2位 学校なんか...楽しくなくていいんだよ


f:id:mattsun0383:20191027181526p:plain:w200


いや、楽しくあるべきだろ!!!


と、僕は今でも思っています笑。
楽しいと思えることにしか大抵人間はエネルギーを費やせません。ただ、楽しいと感じるための媒体が学校である必要は無い、ということなんですよね。


「魚を釣ってあげるのではなく、釣り方を教えてあげるべきである」という、後に出てくる言葉にもあるように、楽しい学校というものを教師から全て用意する、そうしたことは元から生徒の素質を信用していないことに他ならないという言葉が、刺さりましたね。


詳しくは、こちら↓↓↓

twitter.com





第1位 勉強とは、生きることだ



f:id:mattsun0383:20191027181550p:plain:w200


1位はもう、読んだ瞬間にこれや!と決まるくらいのインパクトを受けた一言です。

幼少期であるほど、机に座って勉強はするべきじゃないという話ですね。もっともっと外を見て、するとたくさんの「なぜ?」が溢れていて、それを潰す行為が勉強であると。普段から基本生活と学習を絡めることができているのか、という視点は間違いなく大切なものでしょう。


詳しくはこちら↓↓↓

twitter.com

まとめ&もっと布教!


以上が、大まかなあらすじと、個人的な好きなセリフ三選でした。ちょっとでも興味を持っていただけたら嬉しいのですが...。


なぜ勉強するのか?なぜ自分は勉強できないのか?


そう思えた時には、立ち止まって、このマンガを読んでみることをおすすめします。きっときっと、新しい貴重な視点を手に入れることができます。



そして!!!!!



ドラゴン桜は22巻で既に完結しておりますが(是非その目で2人の受験を見届けて!)、なんと現在、


ドラゴン桜2


も販売中です!


2019/10/27現在で7巻まで発売されており、こちらでは10年後の龍山高校が舞台となり、また新しく2人の生徒が東大を目指し勉強しています。みなさんで応援しましょう!

また、他にも三田先生の漫画にはハッと気付かされる様々な名言が乗っていますので、ぜひTwitterも覗いてみることを、おすすめしたいです。
https://twitter.com/mita_norifusa



おわり。