ラべリング

思わせ、名乗らせ、腐らせる

バイト先の常連さんに、絵を描いている人がいます。先日、本当に少しだけですが話をさせてもらいました。作品を生み出すことを生業としている人の話を聞く機会が今までの自分にはほとんどなかったので、貴重な経験でした。 京都のとある大学を出た後は筆のみ…

資格は誰のためにあるか?

レッテルというものがあまりに嫌いすぎて、肩書き社会を生きたくない、という一匹狼にありがちな思考が自分の中にも確かにある。 一匹狼に、資格はいらない。自分の能力を見定めることができるのは自分だけだと周囲をどこか冷めた目で見ているし、だからこそ…

集団からの撤退と始動

新年度になり、気持ちは不思議と安定してきている。 大学生という身分が消えたことで、何者でもない自分をぼんやりと俯瞰する。今まで1500円で見られた映画は1800円払わないといけなくなるし、学生証を見せると100円引いてくれた近くの定食屋での割引はもう…

言葉は性善説、人間は性悪説。

確か、精神分析の授業において、だったと思う。 エクリチュールとパロールという、書き言葉と話し言葉による二項対立が存在していた、みたいな話を聞いた。その授業は自分には難解で、内容はあまり理解できていないのだが、簡単に言えば、「書き言葉は、伝え…

自殺の犯人が、見つかった。

――子供には人並みに生きて欲しいと、親なら誰でもそう思う―― 人並みとは、果たして何か。 とにかく、僕は普通にならないといけなかった。周りに自分の経歴を話したときに、誰にも「え?」と言われないような。ちょっとでも誰かから「なにそれ、へんなの」と…

初めて行った心療内科、かなり後悔した話。

この記事に書くのは、ある意味自分の原点となるような話だ。 www.mattsun.work 自分のプロフィールにも、大学二年生の時に、心療内科に行った話は初めの方でちょこっと載せたが、ほとんど詳しく書いていない。そして、タイトルにも書いているとおり、自分は…

自立から依存へのパラダイムシフト

「依存」という言葉が、プラスの意味で使われることは、最近ではほとんど無いのではないか、と思う。つまり、依存という言葉は基本的に悪い意味で用いられる。―――何かに頼らないといけない情けない姿―――大げさに言えば、ここまで依存という言葉の持つ意味で…

蔓延る「普通」と、頑張れない京大生。

卒論を最後に仕上げて、教授に見てもらった。最終のOKが出たので、あとは印刷して提出するだけの状態になった。その時に、自分の卒論をずっと指導してくれた教授が、転学部を志願する人との面接が最近あった、と言っていた。 もうかれこれ、自分も全く同じ面…

下がる「うつ」のハードルと、自己の虚脱

久しぶりに、ブログを書くことにしました。 何で書いたのかというと、抑うつ気分というものについて、ある程度の考えをアウトプットしておきたいと考えたからです。 こういった気分は、抱えてずっと持っているよりも、抱えてしまったその時に、何か書面にに…

辛い気持ちは、論理的に話せないといけないのか? ~「聞く」人間が最も理解せねばいけないこと~

何か辛いことを経験した場合、そのことを周りに話す機会というのは、どれくらいあるでしょうか。普段の交友関係とかによっても変わってくるものだとは思うのですが、しかし外に向けて自分の気持ちを発信することが大事であるというのは間違いないことであろ…

自己紹介が、あなたの素質を隠してしまう。

さて、今回は、「悩む」ということについて、少し考えてみたいと思います。悩んだことがない、なんて人間はまさかいないでしょう。悩むことは悪いことではないわけで、でもその構造を踏み間違えると、もったいない時間の使い方をしてしまいます。周りにいる人…

あなたのしたい勉強は、役に立たない。

転学部をして半年が過ぎました。転学部に関しては www.mattsun.work ここに色々書いたので、こちらをよろしくお願いします。 さて、この8月、心理学検定なるものを受験しました。受かってるかどうか自信もなく、受かっていても落ちていてもギリギリでしょう…