一番に考えてほしい、みんなのメンタルのこと。

みんな違う考え方で、その中で自分はどう生きてきたのか。考えを共有するための記事です。自分の苦い過去の体験談も入っています。

「道徳」と「医学」のディレンマ ~個人間勾配はどう埋められるのか~

今日一日は、本当に、何もせずに過ごす日にしました。こんなにボーっとして過ごす日は最近あまりにもなかったので、少し焦りも感じながら程よくリラックスできています。 最近明らかに体調不良が続いていたので(めまいやたちくらみなど)、昨日、精神科にか…

下がる「うつ」のハードルと、自己の虚脱

久しぶりに、ブログを書くことにしました。 何で書いたのかというと、抑うつ気分というものについて、ある程度の考えをアウトプットしておきたいと考えたからです。 こういった気分は、抱えてずっと持っているよりも、抱えてしまったその時に、何か書面にに…

マイノリティをマイノリティと表現することは差別に値するのか?

世間で一般にマイノリティとされている事柄が、たくさんあります。例えばLGBTに始まり、あとは心因の病気や、自分が現在研究している自死のことにおいてだって、よほどのことがない限り触れる機会もないという観点からしたら「マイノリティ」と呼んでもいい…

過去の”僕の罪”は、いったい、どこで消えるのか

ちょうど二週間前に、京都自死遺族の会の例会に出向いた話を書かせてもらいました。 www.mattsun.work ここでその時に感じたことが、かなりその後も自分に大きな重りとしてのしかかってしまいました。一切の非はすべて自分にあるのでこちらが辛いというよう…

理想論は、人を苦しめるのか?

今回の記事は、僕が心理学を勉強し始めるうえで最も影響を受けたといってもいい一冊である、『嫌われる勇気』に関しての話をしたいと思います。 この本は、心理学の勉強をするための本というよりかは、自己啓発本の種に属し、明日からの暮らし方を見つめなお…

悪を糾弾するために頼るものは「法」ではなく「制度」である

サン・ジュストという、フランスの革命家がいます。そして、このような言葉があります。 「法ではなく、制度を作るべきである」 この言葉の意味するところが、はじめは全く分かりませんでした。そもそも、法と制度の違いが全く分かりませんでした。しかし、…

【1/11】京都・自死遺族の会 例会の記録

今回は、12/19の記事に続き、京都の自死遺族の会に関しての記事を書きます。今回は、例会に参加しました。 京都の自死遺族の会、通称「こころのカフェ京都」に関しての説明は、以下の自分の過去を参考にしていただきたいです。 www.mattsun.work www.mattsun…

辛い気持ちは、論理的に話せないといけないのか? ~「聞く」人間が最も理解せねばいけないこと~

何か辛いことを経験した場合、そのことを周りに話す機会というのは、どれくらいあるでしょうか。普段の交友関係とかによっても変わってくるものだとは思うのですが、しかし外に向けて自分の気持ちを発信することが大事であるというのは間違いないことであろ…

2020年。日常に騙されない生き方はできるのか。

あけましておめでとうございます。 前回の記事からは二週間ほどと、かなりの時間が空いてしまいました。そろそろと思い、本腰を入れて色々と取り組んでいきたいと思っています。 ちなみに新年の第一歩として何かしたいと思い、TwitterとInstagramをアンイン…

勉強が苦手だと思うなら、まず周りのせいにしろ

今年もあとわずかになり、ついにクリスマスイブとなりました。 年末年始は忙しくなりそうですが、忘れ去られない程度にブログは更新出来たらなーと思っています。ただ、いつものように少し暗い話題をせっかくのクリスマスに提供したくはないので、今回は た…

偏見を持たれているという偏見は偏見となりうるのか?

自分に理解がない、という印象を抱くことは誰にでもあると思います。そんなに他人を責めるようなイメージでなくとも、少なくとも、この人とは合わないな、みたいに感じることは誰にでもあるでしょう。 ではなぜその人はあなたと合わないのでしょうか?あなた…

【12/19】京都・自死遺族の会 フリースペースの記録

ちょうど2週間ほど前に、自死遺族の会のイベントに参加させていただいた旨の記事を書きました。www.mattsun.work www.mattsun.work そしてそれに関連し、同じ団体の主催する自助グループに参加してきました。今回はそのことに関して記事を書きたいと思いま…

『春の丘』について。

※固定ページと同じものの再掲です。固定ページのデザインが記事のものに対応しなかったため、記事として再掲載しました。 はじめまして!! この度は、ブログ『春の丘』にお越しいただき、本当にありがとうございます。 私は、当ブログを運営しております、…

「京都・自死遺族の会」と、僕の鬱。【後章】

鉄は熱いうちに打てと。この感情、この思い、色々と、すべて忘れないために、早めにしっかりと記しておこうと思います。数日前に書きました記事の、続編です。まだお読みになっていない方は、こちらからご覧ください。 www.mattsun.work 前回では主に、自死…

本当の意味で「考える」ためにすべき、たった1つのこと。

常日頃から自分は、考えすぎてしまう自分との格闘に悩まされました。しかし考えすぎてしまう場面において、新しい思考法というものは、ほとんど何も生まれませんでした。泥沼に、はまっているだけなんです。だから、そこで一つ結論として下したのは、「考え…

「京都・自死遺族の会」と、僕の鬱。【前章】

今回、そして次回に書かせてもらうこの記事は、かなり魂を使って書くことになるだろうというのを、あらかじめここに示しておきます。 自分が生きている意味というものを初めてここに疑い、そして自分の脳は時間を止めたように停止し、虚無な時を少しの間生き…

親が育てやすい子供は、気遣いがやめられない。

自分の将来に胸をはせることは多いですが、特にその中でも思うのが、 自分が親になったら?? というものです。大学生として過ごしている現在では全く想像できないところでもありますし、いま語るような分際でもないとは思うのですが、子供としては生活を過…

誰かの存在がストレスだと感じた時の対処法

人付き合いというのは避けて通れず、しかも、誰と付き合っていくのかすらも選ぶことはできず。 そうした他人との関係との中では、当然、好きな人と気に食わない人が現れます。前者、好きな人は勝手に仲良くなり、一緒にいる時間は放っておいても楽しいでしょ…

ゼミで発表したらぼこぼこに叩かれた話。

ちょっと嫌な思いをしたなっていう、思い出を書きます。 とは言っても、そんな大したことではなくて、心にちょっともやもやを残すような、そんな些細なことです。 自分の所属している、総合人間学部では、毎週ゼミ形式の授業があり、自分の卒業する際に提出…

初めて行った心療内科、死ぬほど後悔した話。

この記事は、またまたある意味自分の原点となるような話です。 www.mattsun.work 自分のプロフィールにも、心療内科に行った話はちょこっと載せましたが、ほとんど詳しく書いていませんでした。この記事の前に、できればこのプロフィールも読んでもらえると…

逃げることって、弱いのか??

男なら、やり返せよ。 いじめの現場を見た際にこう言う人がいました。こっちよりの意見の人って、最近は少し減ってきて、なんというか昭和的な意見と言われることが多いでしょうか。僕はちょっと嫌な気持ちになってしまいます。 いじめとかに限った話ではな…

「目標」って、人生を邪魔しない?

進路をどうしようか??というのは、もう生きていく上では避けられない、様々な場面でぶち当たる問いでしょう。若いときならば受験、少し大きくなれば就職。自分は将来どうなるんだろうか?と、分からぬ未来を想像しては怖くなります。その時にこんなことを…

あなたの動機は、幸せじゃない。

前回のブログでは、ラベリングなどに関する話を中心に、自分に対して無駄なラベリングをしてはもったいない、という話をしました。 mattsun0383.hatenablog.com 主に伝えたかったことは、マイナス感情を自分にくっつけることで自分で自分の価値を下げてしま…

自己紹介が、あなたの素質を隠してしまう。

さて、今回は、「悩む」ということについて、少し考えてみたいと思います。悩んだことがない、なんて人間はまさかいないでしょう。悩むことは悪いことではないわけで、でもその構造を踏み間違えると、もったいない時間の使い方をしてしまいます。周りにいる人…

今、どうしてもあなたが必要な理由。

嘘みたいな猛暑もやっとこさマシになり、少しずつ涼しくなってきましたね。9月ももう終わろうとしていますが、結局9月前半までは部活漬けの生活をずっと送り、心の余裕もなく一瞬で過ぎたように思います。3回生の夏ということで人生の部活動において最後のシ…

あなたのしたい勉強は、役に立たない。

転学部をして半年が過ぎました。転学部に関しては www.mattsun.work ここに色々書いたので、こちらをよろしくお願いします。 さて、この8月、心理学検定なるものを受験しました。受かってるかどうか自信もなく、受かっていても落ちていてもギリギリでしょう…