医学部学士編入について -2020年の奮闘の記録-

日に日に寒くなり、今年も残すところ一か月少しとなりました。ブログの更新を半年ほどさぼり、久々に書くことになりましたが、それは、京都大学卒業後の進路が決まったためです。その準備に今までほとんどの時間を費やしていたため、ブログにはほとんど手を…

大学生に課される「自己責任論」からの脱却

久しぶりにブログを書きますが、ちょっと一つ訴えたいことができたためです。 自分は京都大学の体育会に所属しています。体育会に所属しているというのは即ち「部活動に所属する部員である」ということです。何部なのかについては伏せます。 現在京大では、…

「権力」を学んだ。in規律型訓練の国

22歳になり初めての記事です。 最近は専ら大学の授業もオンラインで、与えられた文章を読むような時間ばかりなので退屈なのですが、しかしその中で非常に考えさせられる題材を扱ったので、このことを自分のメモリーとして残しておこうと思い、今回これを書き…

他者への殺意が己を貫く

最近、暗いニュースが増えすぎでは…と思います。わかりません、自分が暗いニュースばっか見ているのかもしれません。 自粛ムードでいろんな人に鬱憤が溜まってるんでしょう。歌手が国に対する意見を発信しようものならすぐに荒れ、自殺に追い込むまでの中傷…

勉強と生活は、決して喧嘩しない

お久しぶりです。コロナの自粛期間にも体が慣れ始め、1日に10時間くらい勉強しては寝るだけのサイクルを続けてかれこれ1か月少しが経ちました。 ブログの更新はほとんど行わず、前に記事を書いたのは一か月ほど前で、二月からは数本しか書いていないのです…

悲しみを風化させ、故人と楽しく生きる

コロナウイルスの影響がどんどん強くなってきましたね。4月現在、京都大学も5月上旬までの対面授業は中止になり、あと1か月くらいの引きこもり生活が確定しました。 前回と前々回の記事はそれはもう暗い暗い記事でしたが、今回も暗いです、すみません。 様態…

「道徳」と「医学」のディレンマ ~個人間勾配はどう埋められるのか~

今日一日は、本当に、何もせずに過ごす日にしました。こんなにボーっとして過ごす日は最近あまりにもなかったので、少し焦りも感じながら程よくリラックスできています。 最近明らかに体調不良が続いていたので(めまいやたちくらみなど)、昨日、精神科にか…

下がる「うつ」のハードルと、自己の虚脱

久しぶりに、ブログを書くことにしました。 何で書いたのかというと、抑うつ気分というものについて、ある程度の考えをアウトプットしておきたいと考えたからです。 こういった気分は、抱えてずっと持っているよりも、抱えてしまったその時に、何か書面にに…

しばらくお休みします。

突然ですが、あと半年ほどの期間、ブログの記事は書きません。 なぜ、に関しては今は詳細は話しませんが、いつか話す日が来るかなあ、と。 自分と向かい合った先に必ず帰ってきます。 その時に自分を迎え入れてくれる存在に、このブログがなっていれば、うれ…

マイノリティをマイノリティと表現することは差別に値するのか?

世間で一般にマイノリティとされている事柄が、たくさんあります。例えばLGBTに始まり、あとは心因の病気や、自分が現在研究している自死のことにおいてだって、よほどのことがない限り触れる機会もないという観点からしたら「マイノリティ」と呼んでもいい…

過去の”僕の罪”は、いったい、どこで消えるのか

ちょうど二週間前に、京都自死遺族の会の例会に出向いた話を書かせてもらいました。 www.mattsun.work ここでその時に感じたことが、かなりその後も自分に大きな重りとしてのしかかってしまいました。一切の非はすべて自分にあるのでこちらが辛いというよう…

【1/11】京都・自死遺族の会 例会の記録

今回は、12/19の記事に続き、京都の自死遺族の会に関しての記事を書きます。今回は、例会に参加しました。 京都の自死遺族の会、通称「こころのカフェ京都」に関しての説明は、以下の自分の過去を参考にしていただきたいです。 www.mattsun.work www.mattsun…

辛い気持ちは、論理的に話せないといけないのか? ~「聞く」人間が最も理解せねばいけないこと~

何か辛いことを経験した場合、そのことを周りに話す機会というのは、どれくらいあるでしょうか。普段の交友関係とかによっても変わってくるものだとは思うのですが、しかし外に向けて自分の気持ちを発信することが大事であるというのは間違いないことであろ…

偏見を持たれているという偏見は偏見となりうるのか?

自分に理解がない、という印象を抱くことは誰にでもあると思います。そんなに他人を責めるようなイメージでなくとも、少なくとも、この人とは合わないな、みたいに感じることは誰にでもあるでしょう。 ではなぜその人はあなたと合わないのでしょうか?あなた…