過去の”僕の罪”は、いったい、どこで消えるのか

ちょうど二週間前に、京都自死遺族の会の例会に出向いた話を書かせてもらいました。 www.mattsun.work ここでその時に感じたことが、かなりその後も自分に大きな重りとしてのしかかってしまいました。一切の非はすべて自分にあるのでこちらが辛いというよう…

京大生は『転学部』を一回は視野に入れてもいいと思う

新年も早くも一か月が過ぎようとしています。早いものですね。 ちょうど一年前のこの時期自分が何をしてたかなーと思いだしたら、ちょうど僕は狭間の時期にいました。というのも、転学部に関する書類審査と面接試験を終えて結果を待っている時期であり、転学…

理想論は、人を苦しめるのか?

今回の記事は、僕が心理学を勉強し始めるうえで最も影響を受けたといってもいい一冊である、『嫌われる勇気』に関しての話をしたいと思います。 この本は、心理学の勉強をするための本というよりかは、自己啓発本の種に属し、明日からの暮らし方を見つめなお…

本は「へ~」で読むと、読んだ意味が無に帰する

読書が大事である、なんてことは誰もが一度は聞いたことのある言葉でしょう。 小学校なんかでも読書感想文なんてものがあるのは、当然読書は大事だよという考えが裏にあるでしょうし、しかしなぜ本を読むのがそんなに大事なの?ということを、しっかり説明で…

悪を糾弾するために頼るものは「法」ではなく「制度」である

サン・ジュストという、フランスの革命家がいます。そして、このような言葉があります。 「法ではなく、制度を作るべきである」 この言葉の意味するところが、はじめは全く分かりませんでした。そもそも、法と制度の違いが全く分かりませんでした。しかし、…

まわりと差をつける文章はどう作るべきか

こうしてブログを書く中でも、当然必要になってくるのが、「文章を書くスキル」です。どうしたら一番伝わるのだろうかってことなどは、こうしてブログを書く中でも一番に考えないといけないことであり、このスキルの有無で読んでくれる人数にも差が出ること…

【1/11】京都・自死遺族の会 例会の記録

今回は、12/19の記事に続き、京都の自死遺族の会に関しての記事を書きます。今回は、例会に参加しました。 京都の自死遺族の会、通称「こころのカフェ京都」に関しての説明は、以下の自分の過去を参考にしていただきたいです。 www.mattsun.work www.mattsun…

辛い気持ちは、論理的に話せないといけないのか? ~「聞く」人間が最も理解せねばいけないこと~

何か辛いことを経験した場合、そのことを周りに話す機会というのは、どれくらいあるでしょうか。普段の交友関係とかによっても変わってくるものだとは思うのですが、しかし外に向けて自分の気持ちを発信することが大事であるというのは間違いないことであろ…

2020年。日常に騙されない生き方はできるのか。

あけましておめでとうございます。 前回の記事からは二週間ほどと、かなりの時間が空いてしまいました。そろそろと思い、本腰を入れて色々と取り組んでいきたいと思っています。 ちなみに新年の第一歩として何かしたいと思い、TwitterとInstagramをアンイン…

勉強が苦手だと思うなら、まず周りのせいにする

今年もあとわずかになり、ついにクリスマスイブとなりました。 年末年始は忙しくなりそうですが、忘れ去られない程度にブログは更新出来たらなーと思っています。ただ、いつものように少し暗い話題をせっかくのクリスマスに提供したくはないので、今回は た…

偏見を持たれているという偏見は偏見となりうるのか?

自分に理解がない、という印象を抱くことは誰にでもあると思います。そんなに他人を責めるようなイメージでなくとも、少なくとも、この人とは合わないな、みたいに感じることは誰にでもあるでしょう。 ではなぜその人はあなたと合わないのでしょうか?あなた…

【12/19】京都・自死遺族の会 フリースペースの記録

ちょうど2週間ほど前に、自死遺族の会のイベントに参加させていただいた旨の記事を書きました。www.mattsun.work www.mattsun.work そしてそれに関連し、同じ団体の主催する自助グループに参加してきました。今回はそのことに関して記事を書きたいと思いま…

世界遺産検定2級を取得するまで【勉強法、試験解説】

さてさて、久しぶりの記事になってしまいました。 今回は世界遺産検定の記事です! というのも、ちょうど一昨日に、世界遺産検定1級を受検してきました!! 実はですね、2年前の2月に2級を取得しており、1級だけは、2級の取得がないと受けられないんで…

『春の丘』について。

はじめまして。 この度は、ブログ『春の丘』にお越しいただき、本当にありがとうございます。 私は、当ブログを運営しております、岡 晴馬(おか はるま)と申します。 特に自慢できるものがないものの、辛うじて勉強だけは少しできた僕は、中高一貫の都内の…