未来のために、自殺した人を”叩く”べきか

今後の日本において、自死で亡くなる人を減らすために、「自死で亡くなった人は叩くべき」「自死を選ぶのは悪いことと教育すべき」という意見がある。 これはある意味ごもっともで、確かに、「自殺を選んでもいいよ」と思わせるのには問題があるのだろう。し…

初めて行った心療内科、かなり後悔した話。

この記事に書くのは、ある意味自分の原点となるような話だ。 www.mattsun.work 自分のプロフィールにも、大学二年生の時に、心療内科に行った話は初めの方でちょこっと載せたが、ほとんど詳しく書いていない。そして、タイトルにも書いているとおり、自分は…

”作者”が”作品”になる―『えんとつ町のプペル』を見て―

『えんとつ町のプペル』という映画を、先週に見た。 キングコングの西野亮廣さんが絵本作家として活動しているという事は映画公開よりも前から知っていて、近畿大学の卒業式のスピーチをたまたまYoutubeで見つけたことで、「ディズニーを超える」なんていう…

いじめ自殺はなぜニュースになるのか

卒論を書き終えたうえでの、主な考えをまとめる時期として今ブログを書いているので、今までに続いてしばらく自死の記事となります。 しばらく自分が研究室で考えてきたのは、デュルケームが言うところの「無規制社会が呼び起こす、止み難い渇きによる自死」…

厭世自殺の解釈〈明治に起こった自死の反転〉

自殺の一般のイメージと言えば、それは「未来を閉ざされた者が死を選ぶ」ということである。いじめ自殺や過労働による自殺のニュースが流れるたびに、故人を追い詰めたものに対するバッシングや、自死を防げなかったことに対する批判の声が相次ぐ。自死を防…

「しらない」と「きらい」の解離

「知らない」ことと、「嫌いである」ということが、非常に紙一重で、近い距離にあるという話をしたい。ここをしっかりと分離できるということが、我々の生き方を快くすることにつながると思っている。 最近、自死遺族の方が、このようなツイートをしているの…

自立から依存へのパラダイムシフト

「依存」という言葉が、プラスの意味で使われることは、最近ではほとんど無いのではないか、と思う。つまり、依存という言葉は基本的に悪い意味で用いられる。―――何かに頼らないといけない情けない姿―――大げさに言えば、ここまで依存という言葉の持つ意味で…

自殺を明かす、無慈悲な手順 【後編】

三つの記事にまたがってまで何かを書いたのは初めてになる。前回と、前々回に書いた記事の、最後の付け足しを行うことにする。www.mattsun.workwww.mattsun.work とはいっても、自死の話は前回まででほとんど終えている。今回書くのは、そうした理論的な話と…

自殺を明かす、無慈悲な手順 【中編】

ちょうど前回の記事の続きです。先にこちらを、お読みください。www.mattsun.work 本章(続き) 終章 本章(続き) 前回の要約は、戦時下で自殺率が極端に低かったという例をだしながら、重要なのは「不幸な出来事が自殺を増やす」という事ではなく、「不幸…

自殺を明かす、無慈悲な手順 【前編】

結局、大学生活のほとんどを自死に関して考えることに費やしたから、二年間で何が得られたのか、まとめてみる場はあってもいいと思った。卒論は書き終えているし、余裕があるからその要約をしてみたい。 とは言っても、簡潔にパッと答えを出すようなものでも…

蔓延る「普通」と、頑張れない京大生。

卒論を最後に仕上げて、教授に見てもらった。最終のOKが出たので、あとは印刷して提出するだけの状態になった。その時に、自分の卒論をずっと指導してくれた教授が、転学部を志願する人との面接が最近あった、と言っていた。 もうかれこれ、自分も全く同じ面…

消費されゆく”題材”としての自死

自分の中でパッと何かを思いついたときのような、そんな価値観の変化が起きたのは、去年の秋のことだ。 医学部の編入試験を受けていた僕は、滋賀医科大学の二次試験を受けに行った。一次試験では学力試験が課され、それをクリアした人間には二次試験の扉が開…

黒い羊

ちょうど一年前の今頃、非常に感銘を受け、心を打たれた動画がある。 www.youtube.com 大学を出た後は医学部に入ることを目指してみようと思ったころだったから、この先何が待っているのだろうとワクワクする気持ちと同時に、なにか突拍子もないことを始めて…

やくどし。

散々な一年だった、と感じる。 間違いなく今まで生きてきた中で、最悪の年だった。もちろん幸せなことも多々あった。それでも、今年の何かを思い出す時、それはほとんどが悲しい記憶である。 今年一年、医学部の学士編入を受験することを決め、戦ったが、全…