能力と運の狭間へ堕ちる【後編】

続きです。www.mattsun.work 前編ではほとんど自分の過去しか書いていなくて、読み返してなんやねんって思わずつぶやいた。自分って意外と過去語りしかしていないし、きっとそれほど今に進歩がない人生なのかもしれない。残念。 *************…

能力と運の狭間へ堕ちる【前編】

今思い返すと恐ろしいことだったな、と思うことがある。 その記憶は、自分の小学校時代までさかのぼる。自分は当時、全くも相反する概念を支持する環境に同時に所属していた。それは能力主義の学習塾と、運主義の小学校という二者である。 前者、学習塾は、…

読書レビュ―【2021年度上半期】②

前回の続きです。 www.mattsun.work ******************* 『正欲』朝井リョウ 正欲作者:朝井リョウ新潮社Amazon 自分が書きたかったもの、先回りして書かれました、感。 全部言葉にされた、悔しい。 たぶん該当する人にとっては、一番初…

読書レビュー【2021年度上半期】①

一か月もブログを書かなかったのは、今年になって初めてです。なんとPV数はみるみる減り、お小遣い程度に稼げていた広告収入も半分ほどになりました。 書くことがなくなってきた、というより、あまりに日常生活で刺激をもらうことが減ってきている気がして、…

他人の幸せが許せない人

オリンピックの反対派閥に、次のような理屈を訴える人がいます。 子供の運動会、部活動の地区大会、行きたかったライブ、また他の様々な式典が中止されているのにオリンピックだけは出来るというのは分からないという言い分です。言ってしまえば、我々が我慢…

プロローグ

誰かと分かりあうことは、時にとてつもない苦労を伴う。 その苦労の正体を見定めるのに必死だった。 苦労は何故にあるのか。その答えとして一般人が用意する様々な答えに私は辟易してきた。 ――今の苦労が将来には光に変わるんだ――――生きる意味は死んだときに…

それでも彼らは”老害”になる―部活動と再現性―

大学を卒業し、部活にも顔を出さなくなってかなり時が過ぎたように思う。顔を出さなくなった、と言っても、コロナの制限で物理的に顔を出せないわけだが、そんな中かつての同級生と会う機会があり、久しぶりに部活の話をした。時代の背景上、OBと現役の交流…

優しくなれる、幸せな人たち。

この世には、優しくなれる人たちと、優しくなれない人たちがいる。 僕は優しくなれる人だ。他の大勢も、ほとんどが、優しくなれる人たちで構成されている。 他人に優しくあることは美徳である。困った人がいれば助け、自分が困った時に助けてもらえる、それ…

思わせ、名乗らせ、腐らせる

バイト先の常連さんに、絵を描いている人がいます。先日、本当に少しだけですが話をさせてもらいました。作品を生み出すことを生業としている人の話を聞く機会が今までの自分にはほとんどなかったので、貴重な経験でした。 京都のとある大学を出た後は筆のみ…

文化のセックスに切り捨てられる人たち

最近ある本に出会ったことで、自殺についてさらに自分の知見が深まったような気がするので、今回はそれを書きます。どのような話かと言うと、自殺の犯人は誰なのかということについて、今までより具体的に言語化できるようになったかもしれない、という話。 …

人としてどのように”腐るか”を我々は選択できる

僕は成長するということをあまり良いことだと捉えていない。 ここで言う成長とは、「何かを行うにあたりそのスキルが上昇すること」ではなく「人が歳を取ることで様々なことを知り、行動の可能域が増えること」という意味合いだ。つまり例えば、学校で社会の…

自分の意志はどこまで存在していますか?

酒が人を酔わせるのではなく、その人のもともとの本性を酒が暴くのだ、みたいな格言があります。 そして、それに感銘を受ける人がいます。そうだ、酒のせいにしないで自分を見つめなおせ、みたいに。 このように考えられる人を見たときに、羨ましい、と感じ…

この世に生まれることは悪なのか

反出生主義、という考え方がある。これは文字の通り出生に対して否定的な立場をとるもので、この考え方に自分は30%ほど共感できる。 反出生主義という言葉を聞くのが初めてである人にとっては中々受け入れがたい考え方であるかもしれない。きっとその人たち…

LGBT理解増進法……理解?

昨今LGBTの話題はなんというかタイムリーで、同性婚の話題もあがれば、資本主義と弱者男性を結び付ける論調も登場するなど、さまざまなことが今の世では謳われている。雄の目的は雌の獲得であるという、我々が逃げられない性質はこの世をどんどんと不幸にし…